足の脱毛に効果的な施術方法の選び方

足の永久脱毛の方法は、大きく分けて3種類あります。それぞれの施術方法にはメリットとデメリットがあるので、選び方が重要です。1つ目は、レーザーの射出による脱毛です。

毛の色と同じ暗い色に反応し、毛根やメラニン色素にダメージを与えます。医療の専門家による施術であるため、出力の高いレーザーを用いる事ができ、効果的にムダ毛を減らす事ができます。

ただし、日焼けした肌や色素の薄い毛、産毛に対しては効果が薄くなってしまいます。2つ目は、光の照射による脱毛です。レーザーと同じく、暗い色に反応する方法ですが、出力が小さくなっています。

そのため、肌への刺激が少ないというメリットがある一方、1回当たりの効果は小さめで、脱毛完了までの施術回数は多く必要になっています。3つ目は、電気ニードルを用いた脱毛です。

電気の通った針で、毛根一つ一つを焼いていきます。肌の色や毛の太さに関わらず、確実に毛を減らしていく事ができます。しかし、1回当たりの料金は割高で、丁寧な施術のために時間も掛かってしまいます。

足は脇や顔と違って、広い範囲に毛が生えています。効果的に毛を減らしていくためには、施術方法の選び方に気をつけなければなりません。

日焼けしておらず、毛がある程度の太さであるなら、光かレーザーの施術を選ぶと良いでしょう。産毛が多い人や肌が黒い人は、電気ニードルの方が効果的です。足は人目にさらされやすい場所です。

自分の状態に合わせた施術方法を用いるようにしましょう。